1. トップページ
  2. 周辺観光情報
  3. 周辺散策~その2

周辺散策~その2 宇喜世から歩いて15分のお楽しみ

宇喜世を出て儀明川沿いに北へ歩くと、雁木の街並みの中に江戸~明治期の建物が散見できます。その中でも「旧金津憲太郎桶店」では、事前予約にて、江戸時代後期の桶職人の仕事場や、生活に使った土間のかまどが見られます。更に歩を進めれば、伝統的な町屋の佇まいと「チャノマ」の吹き抜けが見どころの着物屋「きものの小川」。散策に少し疲れたら、鬼瓦を載せた大屋根と土蔵のある町家「高田小町」の休憩スペースへどうぞ(案内所も備えています)。大町通りを南下すれば、明治期の貴重な木造洋館である「旧師団長官舎」が見えてきます。

町家交流館 高田小町
町家交流館 高田小町 [ホームページ(上越市)]
築約100年、明治時代の町家3軒分の間口に、鬼瓦を載せた大屋根と土蔵のある立派な町家を再生した。案内所や見学スペースもあり、散策の途中の休憩所としても利用できます。トイレもあります。
旧師団長官舎
旧師団長官舎 [ホームページ(上越市)]
日本で初めてスキーを指導したレルヒ少佐、そのレルヒ少佐にスキー指導をさせた陸軍第13師団長・長岡外史の官舎として明治43年に建築された木造洋館です。
きものの小川
きものの小川 [ホームページ]
伝統的な町家を知ってほしいと、平成2年に改装した着物屋さん。店内に入ると、昔の「チャノマ」の名残の吹き抜けも見ることができます。和装雑貨、小物の販売、着付け教室もしています。
旧金津憲太郎桶店
旧金津憲太郎桶店 [ホームページ(上越市)]
江戸時代後期の桶屋の町屋。桶職人の仕事場や生活に使った土間のかまどなどを見ることができます。公開日以外には、3日前までに予約をすれば見学できます。

» 周辺散策~その3へ ・・・ 約30分程度で散策できます。